18、何もしなかったら、何も起こらない。

シェイクスピアの言葉だから、というわけでもないが。


具体例を挙げるとキリがない。
何事もまずは行動・・・ではなく、
まずは変化を齎すことが大事なのだ。
しかし、わかりやすい変化である必要はない。

ヒキコモリをやめるにはまず、
カーテンをあけて日光を浴び、
部屋を掃除し、外の空気を入れ、
多少なりとも室内で運動をし、
食事のリズムをととのえ、
家の外に出る習慣をつける。

その一連の行動を決意するとき、
決意したその人はヒキコモリである。
別にご大層な決意をしたわけでも、
何かに誓いを立てたりしたわけでもない。

その、ほんの些細なきっかけを。

心にどのような変化を与えたのかは、
本人にしかわからない。


何かをする、ということは、
ほんの些細なきっかけでもいいのだ。
何かが変われば、何かが変わるのだから。

心に熱を灯し、歓喜と興奮の波を起こすには、
まず、ほんの小さな勇気が必要なのだ。


何もしなかったら、何も起こらない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック